Raspberry Pi

 Raspbianのインストール

イメージをSDカードに書き込む

FrontPage - Raspbian

  • ダウンロード

Index of /pub/raspberrypi/raspbian/images

  • 書き込み

Win32 Disk Imager download | SourceForge.net

Bonjour Print Services (Windows)

2016-11-25版からSSHはデフォルトで無効

/bootパーティションにsshという名前のファイルを作成します。/bootパーティションはFATなのでWindowsから読み書きができます。

設定

$ sudo raspi-config

固定IPアドレスを振る

$ sudo vi /etc/dhcpcd.conf
# 設定ファイルにこの行以下を追記する
interface eth0
static ip_address=192.168.11.101/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

RaspberryPi - Raspberry Pi 2 (Raspbian: jessie) でIPアドレスを固定する - Qiita

  • 以下の方法はもう古いです。
$cat /etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback
iface eth0 inet static
address 10.2.3.46
network 10.2.3.0
netmask 255.255.255.0
gateway 10.2.3.254
dns-nameservers 10.2.1.1

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
iface default inet dhcp

DNSサーバの指定

$cat /etc/resolv.conf
nameserver 10.2.1.1

aptitude(apt-get)のproxyサーバ設定

$ cat /etc/apt/apt.conf.d/10proxy
Acquire::http::proxy "http://10.2.1.7:8080/";
Acquire::https::proxy "https://10.2.1.7:8080/";
Acquire::ftp::proxy "ftp://10.2.1.7:8080/";

日付時刻の設定

$ sudo date -s '10/24 20:30'

proxyサーバの指定

$ export http_proxy=http://サーバ:ポート
$ export https_proxy=http://サーバ:ポート
$ export ftp_proxy=http://サーバ:ポート
$ export HTTP_PROXY=http://サーバ:ポート
$ export HTTPS_PROXY=http://サーバ:ポート
$ export FTP_PROXY=http://サーバ:ポート
$ cat /etc/environment
http_proxy=http://サーバ:ポート
https_proxy=http://サーバ:ポート
ftp_proxy=http://サーバ:ポート
HTTP_PROXY=http://サーバ:ポート
HTTPS_PROXY=http://サーバ:ポート
FTP_PROXY=http://サーバ:ポート

ブラウザのproxyサーバの設定は個別に設定する必要があります。Chromiumはシステムのproxyを使うようになっていますが、raspbianではシステムの設定にproxyは見つかりません。Chromiumのコマンドラインパラメータに--proxy-serverがあるのでこれを使います。

以前のMidoriブラウザのproxy設定は、

メニュー → 設定 → ネットワーク

から行えます。

OSを最新の状態にする

$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude upgrade

ファームウェアのアップデート

Jessieではrpi-updateのインストールが必要であったが、最近はインストール不要である。

$ sudo aptitude install rpi-update

プロキシの設定。

$ sudo HTTPS_PROXY=http://<username>:<password>@proxy:port rpi-update

sudo で環境変数を引き継ぐには-Eオプションをつける。

$ sudo -E rpi-update

vimのインストール

sudo aptitude install vim

network-managerのインストール

バージョン

ruby 1.9.3p194 (2012-04-20 revision 35410) [arm-linux-eabihf]

Python 2.7.3

  • Jessie

Python 2.7.9 (default, Mar 8 2015, 00:52:26)

2016-09-23版

Python 2.7.9 (default, Sep 17 2016, 20:26:04)

Python 3.4.2 (default, Oct 19 2014, 13:31:11)

 Python

 GPIO

RPi.GPIO

Jessieでは最初からインストールされている。

 Bluetooth

RasPi3にはBlutoothが標準で搭載されている。特に何もしなくてもBlutooth関係のコマンドが使用できる。

$ sudo aptitude install bluetooth bluez-utils

SPP

従来の方法でSPPを使用するには、

sudo nano /etc/systemd/system/dbus-org.bluez.service 

buetoothデーモンが互換モードで起動するように'ExecStart='の行末に'-C' を付け加える。 そして、その行のすぐ後に SPプロフィルを付け加えるために'ExecStartPost='を新たに付け加える。次の2行のようにする。

ExecStart=/usr/lib/bluetooth/bluetoothd -C
ExecStartPost=/usr/bin/sdptool add SP
$ sdptool browse local
$ hcitool scan
$ sdptool browse 2C:8A:72:F0:DA:89
$ sudo bluez-simple-agent hci0 2C:8A:72:F0:DA:89
$ sudo nano /usr/bin/bluez-simple-agent
$ sudo perl -i -pe 's/KeyboardDisplay/DisplayYesNo/' /usr/bin/bluez-simple-agent
$ sudo bluez-test-device trusted 2C:8A:72:F0:DA:89 yes
$ sudo sdptool add --channel=22 SP
$ sudo rfcomm listen /dev/rfcomm0 22
$ sudo rfcomm watch /dev/rfcomm0 22

ペアリングの解除

# sudo bluez-test-device remove 2C:8A:72:F0:DA:89


  • Jessie
$ sudo aptitude install bluetooth bluez-tools bluez-firmware

  • rfkill
$ sudo aptitude instal rfkill

 VNC

2016-09-23版から標準でVNCサーバがインストールされている。

ただし、有効にするにはraspi-configで設定する必要がある。

$ sudo aptitude install tightvncserver

 xrdp

$ sudo aptitude install xrdp 
$ cd /etc/xrdp
$ sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
$ sudo chown xrdp:xrdp km-0411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
$ sudo service xrdp start

 Java

 node (JavaScript)

 WebIOPi

 WiringPi

  • Jessie
sudo apt-get install wiringpi

 Scratch

 日本語入力

$ suto aptitude inatall scmi-anthy

 single user mode

 I2C

raspi-config
sudo apt-get install i2c-tools
sudo /usr/sbin/i2cdetect -y 1

 RTC

 SPI

raspi-config
git clone http://github.com/doceme/py-spidev.git/
cd py-spidev
sudo python setup.py install

 ServoBlaster

 無線LAN

ELECOM WDC-150SU2M (8188euチップセット)

 ADC

 Wiiリモコン

sudo aptitude install wminput

 PS3コントローラ

 esp8266

 書籍

 

トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン