Raspberry Pi

 Raspbianのインストール

最新

モニターとキーボードなしで導入する

イメージをSDカードに書き込む

FrontPage - Raspbian

  • ダウンロード

Index of /pub/raspberrypi/raspbian/images

  • 書き込み

Win32 Disk Imager download | SourceForge.net

2016-11-25版からSSHはデフォルトで無効

/bootパーティションにsshという名前のファイルを作成します。/bootパーティションはFATなのでWindowsから読み書きができます。

Bonjour Print Services (Windows)

raspberrypi.local
ttermpro.exe raspberrypi.local
/auth=<mode>
    <mode> で指定された認証方式で自動ログインを試みる
        password パスワード認証
        publickey 公開鍵認証
        challenge チャレンジレスポンス(キーボードインタラクティブ)認証
        pageant Pageant を用いた公開鍵認証
/user=<username>
    ユーザ名を指定する
/passwd=<password>
    パスワードを指定する

設定

$ sudo raspi-config

キーボードレイアウトの変更

(1)

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

(2)

setxkbmap -layout jp

(3)

固定IPアドレスを振る

$ sudo vi /etc/dhcpcd.conf
# 設定ファイルにこの行以下を追記する
interface eth0
static ip_address=192.168.11.101/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

ネットワークのリスタート

sudo systemctl restart networking

apt(apt-get,aptitude)のproxyサーバ設定

$ cat /etc/apt/apt.conf.d/10proxy
Acquire::http::proxy "http://10.2.1.7:8080/";
Acquire::https::proxy "https://10.2.1.7:8080/";
Acquire::ftp::proxy "ftp://10.2.1.7:8080/";

日付時刻の設定

$ sudo date -s '10/24 20:30'

タイムゾーンの設定

$sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

環境変数によるproxyサーバの指定

$ export http_proxy=http://サーバ:ポート
$ export https_proxy=http://サーバ:ポート
$ export ftp_proxy=http://サーバ:ポート
$ export HTTP_PROXY=http://サーバ:ポート
$ export HTTPS_PROXY=http://サーバ:ポート
$ export FTP_PROXY=http://サーバ:ポート
$ cat /etc/environment
http_proxy=http://サーバ:ポート
https_proxy=http://サーバ:ポート
ftp_proxy=http://サーバ:ポート
HTTP_PROXY=http://サーバ:ポート
HTTPS_PROXY=http://サーバ:ポート
FTP_PROXY=http://サーバ:ポート

ブラウザのproxyサーバの設定は個別に設定する必要があります。Chromiumはシステムのproxyを使うようになっていますが、raspbianではシステムの設定にproxyは見つかりません。Chromiumのコマンドラインパラメータに--proxy-serverがあるのでこれを使います。

$ chromium-browser --proxy-server="http=http://10.2.1.7:8080;https=https://10.2.1.7:8080"

一度プロキシが通った状態で起動したらプロキシ設定用のプラグインがあるのでそれをインストールすると良いでしょう。

以前のMidoriブラウザのproxy設定は、

メニュー → 設定 → ネットワーク

から行えます。

gitのproxy設定

$ git config --global http.proxy http://10.2.1.7:8080
$ git config --global https.proxy http://10.2.1.7:8080
$ git config --global url."https://".insteadOf git://

gpgのproxyサーバ設定

 --keyserver-option http-proxy=http://<アカウント>:<パスワード>@プロキシサーバ:ポート

OSを最新の状態にする

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

ファームウェアのアップデート

プロキシの設定。

$ sudo HTTPS_PROXY=http://<username>:<password>@proxy:port rpi-update

sudo で環境変数を引き継ぐには-Eオプションをつける。

$ sudo -E rpi-update

vimのインストール

sudo apt install vim

network-managerのインストール

日本語入力

$ suto apt inatall scmi-anthy

single user mode

rootのパスワードを忘れたときにはsingle user modeで起動し、passwdコマンドで新しいパスワードを設定する。

バージョン

ruby 1.9.3p194 (2012-04-20 revision 35410) [arm-linux-eabihf]

Python 2.7.3

  • Jessie

Python 2.7.9 (default, Mar 8 2015, 00:52:26)

2016-09-23版

Python 2.7.9 (default, Sep 17 2016, 20:26:04)

Python 3.4.2 (default, Oct 19 2014, 13:31:11)

2017-4-10版

ruby 2.1.5p273 (2014-11-13) [arm-linux-gnueabihf]

  • Stretch 9.1

2017-09-07版node -vv4.8.2

ruby 2.3.3p222 (2016-11-21) [arm-linux-gnueabihf]

Python 2.7.13 (default, Jan 19 2017, 14:48:08)

Python 3.5.3 (default, Jan 19 2017, 14:11:04)

 Python

 pyenv

 GPIO

RPi.GPIO

Jessieでは最初からインストールされている。

 Bluetooth

RasPi3にはBlutoothが標準で搭載されている。特に何もしなくてもBlutooth関係のコマンドが使用できる。

$ sudo apt install bluetooth bluez-utils

SPP

従来の方法でSPPを使用するには、

sudo nano /etc/systemd/system/dbus-org.bluez.service 

buetoothデーモンが互換モードで起動するように'ExecStart='の行末に'-C' を付け加える。 そして、その行のすぐ後に SPプロフィルを付け加えるために'ExecStartPost='を新たに付け加える。次の2行のようにする。

ExecStart=/usr/lib/bluetooth/bluetoothd -C
ExecStartPost=/usr/bin/sdptool add SP
$ sdptool browse local
$ hcitool scan
$ sdptool browse 2C:8A:72:F0:DA:89
$ sudo bluez-simple-agent hci0 2C:8A:72:F0:DA:89
$ sudo nano /usr/bin/bluez-simple-agent
$ sudo perl -i -pe 's/KeyboardDisplay/DisplayYesNo/' /usr/bin/bluez-simple-agent
$ sudo bluez-test-device trusted 2C:8A:72:F0:DA:89 yes
$ sudo sdptool add --channel=22 SP
$ sudo rfcomm listen /dev/rfcomm0 22
$ sudo rfcomm watch /dev/rfcomm0 22

ペアリングの解除

# sudo bluez-test-device remove 2C:8A:72:F0:DA:89


  • Jessie
$ sudo apt install bluetooth bluez-tools bluez-firmware

 VNC

2016-09-23版から標準でVNCサーバがインストールされている。

ただし、有効にするにはraspi-configで設定する必要がある。

$ sudo apt install tightvncserver

 xrdp

$ sudo apt install xrdp 
$ cd /etc/xrdp
$ sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
$ sudo chown xrdp:xrdp km-0411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
$ sudo service xrdp start

 Java

 node (JavaScript)

$ sudo apt install nodejs
$ sudo apt install npm
$ sudo npm cache clean
$ sudo npm install n -g
$ sudo -E n stable
  • プロキシ
$ npm -g config set proxy http://proxyserver:8080
$ npm -g config set https-proxy http://proxyserver:8080

nは環境変数http_proxy,https_proxyを参照する。sudoには-Eオプションが必要。

 WebIOPi

 WiringPi

現在は標準でインストールされています。

  • Jessie
sudo apt install wiringpi

 I2C

sudo raspi-config

以下はもう必要ありません。


sudo apt-get install i2c-tools
sudo /usr/sbin/i2cdetect -y 1

 RTC

 SPI

spidevはパッケージが存在し標準でインストールされています。

python-spidev python3-spidev


raspi-config
git clone http://github.com/doceme/py-spidev.git/
cd py-spidev
sudo python setup.py install

 ADC

 ServoBlaster

 無線LAN

認証

  • パスワード
$ echo -n 'パスワード' | iconv -t utf16le | openssl md4 > hash.txt
  • wpa_supplicant.conf
$ cat /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
   ssid="SSID"
   priority=1
   proto=RSN
   key_mgmt=WPA-EAP
   pairwise=CCMP
   auth_alg=OPEN
   eap=PEAP
   identity="ユーザー名"
   password="パスワード"
   phase1="peaplabel=0"
   phase2="auth=MSCHAPV2"
}
  • DHCP
sudo dhclient -v -r wlan0
sudo dhclient -v wlan0

ELECOM WDC-150SU2M (8188euチップセット)

 Wiiリモコン

$ sudo apt install wminput
$ wget http://www.raspberrypi-spy.co.uk/archive/python/wii_remote_1.py

 音声

 PS3コントローラ

 PS4コントローラ

 esp8266

MQTT

$ sudo apt install mosquitto
$ sudo apt install mosquitto-clients

 Apache2 (Webサーバー)

$ sudo apt install apache2

/var/www/html

 MySQL (データベースサーバー)

$ sudo apt install mysql-server

 Redmine (プロジェクト管理ソフトウェア)

$ sudo apt install mysql-server
$ sudo apt install redmine redmine-mysql libapache2-mod-passenger

途中いろいろ聞かれるがデフォルトのまま進める。データベースサーバはmysqlを選択する。

設定をやり直すときは、

$ sudo dpkg-reconfigure -plow redmine
$ sudo ln -s /usr/share/redmine/public /var/www/html/redmine
$ cat /etc/apache2/mods-available/passenger.conf
<IfModule mod_passenger.c>
  PassengerDefaultUser www-data
  PassengerRoot /usr/lib/ruby/vendor_ruby/phusion_passenger/locations.ini
  PassengerDefaultRuby /usr/bin/ruby
  RailsBaseURI /redmine
</IfModule>
$ sudo su -c 'cat << EOF > /etc/apache2/sites-available/redmine.conf
<Directory /redmine>
  Options FollowSymLinks
  PassengerResolveSymlinksInDocumentRoot on
  AllowOverride None
</Directory>
EOF'

Apacheを再起動する

$ sudo systemctl restart apache2

アクセスは

http://ホスト/redmine

 PHP5

sudo apt install php5

 PHP7

sudo apt install php

systemctl

 Scratch

 FreeBASIC

 マインクラフト

 FLiR

$ sudo raspi-config
$ sudo apt install qt4-dev-tools
$ wget https://github.com/groupgets/LeptonModule/archive/master.zip
$ unzip master.zip

 レベル変換

 書籍

 MySQL

 

トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン